限定アイバニーズ IBANEZ フルアコ AF95RW-NT-12-01美品

憲法第73条をわかりやすく解説〜内閣の事務〜

茶染紋織 い草ラグ 約200×250cm グリーン TSN340320(a-1344841)

即決 中古未使用 ホンマ T//WORLD XP-1 フェアウェイ レディス 7W VIZARD 39[6525

内閣は、他の一般行政事務の外、左の事務を行ふ。

一 法律を誠実に執行し、国務を総理すること。

二 外交関係を処理すること。

★MARK&LONAマークアンドロナ★人気白系お洒落カモフラ迷彩&ロゴ刺繍が超魅力#秋冬物で動きやすく履き心地良いニットストレッチパンツ78#S

四 法律の定める基準に従ひ、官吏に関する事務を掌理すること。

五 予算を作成して国会に提出すること。

六 この憲法及び法律の規定を実施するために、政令を制定すること。但し、政令には、特にその法律の委任がある場合を除いては、罰則を設けることができない。

七 大赦、特赦、減刑、刑の執行の免除及び復権を決定すること。

わかりやすく

内閣は、一般の行政事務の他に、以下の事務をする。

一 法律の執行と国務の全てを取りまとめ管理すること。

二 外交をすること。

ザ・マッカラン エディション No2 箱入 正規品 MACALLAN 48度 700ml

四 役人に関する事務を取りまとめること。

五 予算を作成し、国会に提出すること。

六 政令の制定

七 大赦など刑の執行の免除などの決定

解説

内閣には、多くの仕事があります。

その中でも代表的なものがここでは列挙されています。

3号では条約締結について、内閣の仕事としていますが、「事前に、時宜によつては事後に、国会の承認を経ることを必要とする。」としています。

☆Hカラーダイア0.29ctのハートモチーフ40.7cmネックレス/IP-6252

しかしながら、条約は、国民の権利や国家の政治経済に大きな影響があるため、民主的コントロールも必要です。

なので、内閣が他国との条約を締結したとしても、国会の承認が必要としているのです。

ここで、条約が国会で不承認となった場合、どのように考えるかですが、

国内法的には、要件を欠くので、無効です。

国際法的には、他国との契約であるので、原則、有効です。

しかし、国会の承認が要件となっている条約については、相手国の信頼を害することにはならないので無効です。

ドギーマンハヤシ(株)ミニアニマン事業部 [ドギーマンハヤシ] 小動物のかじっておいしい ミニコーン 200g 入数24 【2ケース販売】

-Providence FLAME DRIVE

© 2022 公務員ドットコム Powered by LED投光器 電球色 8個 30W 防水 LEDライト 作業灯 防犯灯 ワークライト 広角120度 3mコード付 看板照明 PSE取得済 倉庫 照明 大量購入OK!!

カワイ グランドピアノミニ 木目調 KAWAI