●ステンレス製 吊戸棚 収納棚 壁戸棚 食器棚 厨房棚 長方形 戸棚 3段 厨房機器 店舗用 業務用 L1550×W345×H750 岐阜発 7/21

憲法第73条をわかりやすく解説〜内閣の事務〜

ディズニー ミニーマウス 子供用 キャリーケース コロコロ 旅行かばん

[petitmain ]プティマイン フォーマルドレス 入学式 120センチ

内閣は、他の一般行政事務の外、左の事務を行ふ。

一 法律を誠実に執行し、国務を総理すること。

二 外交関係を処理すること。

ベビービョルン バウンサー メッシュ

四 法律の定める基準に従ひ、官吏に関する事務を掌理すること。

五 予算を作成して国会に提出すること。

六 この憲法及び法律の規定を実施するために、政令を制定すること。但し、政令には、特にその法律の委任がある場合を除いては、罰則を設けることができない。

七 大赦、特赦、減刑、刑の執行の免除及び復権を決定すること。

わかりやすく

内閣は、一般の行政事務の他に、以下の事務をする。

一 法律の執行と国務の全てを取りまとめ管理すること。

二 外交をすること。

フランキーグロウ frankygrow うさぎロンパース

四 役人に関する事務を取りまとめること。

五 予算を作成し、国会に提出すること。

六 政令の制定

七 大赦など刑の執行の免除などの決定

解説

内閣には、多くの仕事があります。

その中でも代表的なものがここでは列挙されています。

3号では条約締結について、内閣の仕事としていますが、「事前に、時宜によつては事後に、国会の承認を経ることを必要とする。」としています。

maaatm様専用

しかしながら、条約は、国民の権利や国家の政治経済に大きな影響があるため、民主的コントロールも必要です。

なので、内閣が他国との条約を締結したとしても、国会の承認が必要としているのです。

ここで、条約が国会で不承認となった場合、どのように考えるかですが、

国内法的には、要件を欠くので、無効です。

国際法的には、他国との契約であるので、原則、有効です。

しかし、国会の承認が要件となっている条約については、相手国の信頼を害することにはならないので無効です。

ミキハウス エンブレムつきスーツ ジャケット フォーマル 90 95 男の子

-■新品■アラミック (Arromic) シャワーヘッド ナノバブルシャワー 3Dプレミアム ナノバブル機能 ワイド水流 角度調整 増圧 節水 最大50%

© 2022 公務員ドットコム Powered by タケオキクチ ショートパンツ【XL相当】白 ホワイト 高級感 お洒落 爽やか

特売!品質保証★実用★通気性簡単設営ワンタッチテント キャンプ アウトドア用品ファミリー